京都怪異譚 その3『血洗池~3つの伝説』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

京都市山科区の北西部になんともオドロオドロシイ地名があります。その地名とは「血洗町(ちあらいちょう)」。

chiarai-ike 02

字を見るからに何かいわくがあることが間違いなさそうな地名ですが、その由来は今もこの地に残る「血洗池(ちあらいいけ)」の伝説から来ていると言われています。

今の血洗池は家の宅地の中の3メートル四方程度の大きさで、池というよりは単なる水溜まりのようになっていますが、この地が宅地として開発されるまでは竹藪に囲まれた大きな池だったそうです。

chiarai-ike 01

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

血洗池の伝説とは!?

この池にまつわる伝説の主人公は若かりし頃の源義経、つまり、牛若丸です。1177(安元3)年の初秋、牛若丸は奥州の平泉に向かう途中、平家の侍であった美濃国の関原与一とその従者の一向に出会します。その時、与一が乗った馬が道の水溜まりを蹴り、その水が偶然にも牛若丸に掛かってしまったのです。

ここでちょっと余談になりますが、馬が水溜まりを蹴ったことから、後にこの場所を「蹴上(けあげ)」と名付けられ、今も地名として残っています。

さて、話を戻しますと、水を掛けられたことに酷く憤慨した牛若丸は、刀で馬に乗っていた与一の鼻を削ぎ、斬り殺し、さらに従者の8人を斬り殺すという殺人鬼さながらの行為に及んだのです。美男子と言われる牛若丸って、キレやすい性格だったのかも知れませんね。アブナいヤツだったんだ…。

で、それはさておき、それほどの人数を斬ったわけですから、当然、牛若丸が手にする刀には血がべっとり。牛若丸は池のほとりにある石に腰を掛けて、刀に付いた血を池で洗い落としたのでした。そういう凄惨なな出来事があって、その池は「血洗池」と呼ばれるようになったのです。

また、牛若丸が刀を洗うときに座った石は「牛若丸腰掛石」と言われ、今も四角い形の石が残されています。

chiarai-ike 03

血に染まった刀を池で洗ったというどこにでもありそうな話ですが、話の主人公がかの有名な牛若丸というところに惹かれる伝説です。

血洗い伝説は他にもあった!

ところで、この血洗池にまつわる伝説はあと二つあるのです。

そのひとつは主人公は同じ牛若丸で、京都から奥州に向かう途中までは同じですが、ここからが少し違います。牛若丸がこの血洗池の付近に差し掛かったとき、突然、盗賊に襲われ、牛若丸は盗賊を斬り殺し、血の付いた刃を血洗池で洗った後、石に腰を降ろして休憩をしたという伝説。

そして、もうひとつは木曽義仲が義経に敗れて、大津に逃げ行く途中、巴御前と一緒に血の付いた刃を洗ったという伝説です。

このように、血洗池にまつわる伝説は3つあるわけですが、“血の付いた刀を池で洗った”というくだりは、どの伝説にも共通しているところが興味深いですね。

伝説というのはもともと信憑性の薄いものが多く、時代とともに話の内容が変わることがよくあります。そういう、はっきりとしないところにロマンがあったりもするわけですが、ただ、この血洗池は実際に今も存在する池であり、池の名前に「血」と「洗」の字が今なお残されていることからすると、やはりこの地で何か恐ろしいことがあったということは確かなことではないでしょうか…。

血洗町:京都市山科区御陵血洗町

(写真・画像等の無断使用は禁じます。)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA