御幸宮神社 ~霊水が今も湧き出る神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

京都・伏見は、かつては「伏水(ふしみ)」と呼ばれたほどで、今も良質な伏流水が豊富に湧き出るところです。伏見が神戸の灘と並ぶ名酒の産地となったのも、この伏流水があったからです。

その伏流水は名水と言われ、「伏見の七名水」として知られています。“七名水”とは、石井(いわい)、常磐井(ときわい)、春日井(かすがい)、白菊井(しらぎくい)、苔清水(こけしみず)、竹中清水(たけなかしみず)、田中清水(たなかしみず)の7つの湧き水のことで、この中でも特に有名なのは、“石井の湧き水”。後に「御香水(ごこうすい)」と呼ばれる湧き水です。今回はこの御香水で知られる「御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)」の話をしましょう。

gokougu_jinjya 01

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

霊水が湧き出る神社

gokougu_jinjya 04

御香宮神社は古くは“御諸神社(みもろじんじゃ)”という名前でしたが、平安時代の862(貞観4)年に、清和天皇より御香宮の名を賜ったことから、「御香宮神社」という美しい名前に変わりました。そして、境内に湧き出ていた石井の湧き水も神社の名前に合わせて、「御香水」と呼ばれるようになったのです。

霊水とされる「御香水」は軟水で、ほのかに甘みがあります。甘口で有名な伏見の酒造りには欠かすことのできない水です。昭和60年には、環境省より“伏見の御香水”として「名水百選」に選ばれ、水の質が良いことから、お茶、コーヒーといった飲み物や、お菓子の仕込み、炊飯などに使われ、体にやさしいということで、薬を飲むときの水として使用する人も多いとか…。境内はいつも御香水を汲みに来る人たちで賑わっています。

gokougu_jinjya 02

今も残る「水」にまつわる神話

御幸宮神社にはいろいろな逸話が残されていますが、その中でも水にまつわる有名なエピソードがあります。

拝殿の東に“絵馬堂(えまどう)”がありますが、その天井付近に金網に覆われた、横2.5メートル、縦2メートルの絵馬が飾られています。その大きな絵馬には鳥居のそばで芸をする猿と猿回しの絵が描かれていますが、それにまつわるエピソードとは…。

gokougu_jinjya 03

その昔、全国を渡り歩いていた猿回しと一匹の猿がいました。御香宮神社に着いたときのことです。長旅の疲れと空腹のために、猿回しは動くことができず、そこで倒れ込んでしまいました。その様子を驚いた猿は突然、駆け出して、神前に湧き出る水を両手ですくい、猿回しの口に注いだのです。すると、今まで息も絶え絶えだった猿回しは、たちまち元気になり、「これは神の力に違いない」と、御幸宮神社の神様に感謝しました。そして、猿回しが元気になったことを喜んだ猿は、そのお礼にと法楽の舞いを神社に奉納したと言われています。

いわゆる、霊水神話のひとつですが、心温まる話しですね。ところで、この猿回しを助けた猿にはもうひとつ、別の言い伝えが残されています。

絵馬の猿にまつわる神話

絵馬堂にこの猿と猿回しが描かれた絵馬が奉納されてからのことです。夜な夜な、神社の周辺にある田畑が荒らされるようになり、たまりかねた住民は犯人を捕まえるために、夜を徹して見張り続けました。

ある日の夜、どこからともなく一匹の猿が現れ、田畑の作物を食べ始めたました。住民たちはその猿に近づき、鎌で猿を切りつけました。ところが、手応えはあったのですが、猿はそのまま闇へと逃げて行きました。

その翌朝、猿と猿回しが描かれた絵馬を見た住民たちは皆、一様に驚きの声をあげました。それは、絵馬に描かれた猿の腕がなくなっていたからです。田畑を荒らしていた真犯人はこの絵馬の猿だということがわかり、今後、絵馬から猿が抜け出さないようにと、絵馬に金網が被せられたそうです。これはちょっと可哀想なお話しですね。

文化を育んだ名水

御幸宮神社の境内に立つと、どこからともなく、緩やかに流れる、優しい水の音が聞こえてきます。水のあるところには文化が生まれるといわれますが、御幸宮神社に湧き出す霊水「御香水」は伏見の地に水にゆかりのある茶道や書道、そして酒造りといった文化を繁栄させたのです。

gokougu_jinjya 05

御香宮神社:京都市伏見区御香宮門前町174 TEL:075-661-0559

(写真・画像等の無断使用は禁じます。)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA