八坂神社~神々のパワーが宿る神社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

祇園祭の前祭(さきまつり)の山鉾巡行で先頭を行く長刀鉾のお稚児さんは、稚児のしるしである「杉守り」を八坂神社で授かります。長刀鉾町内では、この日からお稚児さんは神に仕える身になり、いよいよ、前祭のクライマックス、山鉾巡行を迎えます。

祇園祭は平安初期の頃、疫病が京の都をはじめ日本各地で大流行した折に、祇園社、つまり八坂神社の神に災厄退散を祈った“祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)”が始まりとされています。今回は祇園祭に深い繋がりのある「八坂神社(やさかじんじゃ)」の話をしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

京都らしさをかんじさせる朱塗りの大門

東西に延びる四条通を東へ進み、東大路通に突き当たると、色鮮やかな朱塗りの大門、「西楼門」が見えてきます。この西楼門を見ると、不思議と京都に来たことが実感でき、西楼門を背景に記念撮影をする人も多くいます。それほど、京都らしさを感じる色形の門なのです。

ところで、この「西楼門」ですが、八坂神社の正しい入り口ではないのです。これほど、美しく立派な門で、しかも京都のメインストリートの突き当たりにあれば、誰でも八坂神社の正面入り口だと思いますよね。でも、本当は神社の南側にある「南楼門」が正しい入り口なのです。神様にお参りするわけですから、正しい入り口の「南楼門」から入って参拝し、帰りに「西楼門」から出て、その時に門を背景に記念撮影をするのが良いかもしれませんね。

京都の祇園さん

八坂神社が建立されたのは平安遷都の約150年前の656(斉明天王2)年のことで、疫病退散の願いとともに、庶民から広く崇拝されるようになりました。「八坂神社」と呼ばれるようになったのは明治初期のことで、それまでは「祇園社」や「祇園感神院(ぎおんかんじいん)」と称されていて、京都人は今でも八坂神社のことを親しみを込めて“祇園さん”と呼んでいます。

yasaka_jinjya 02

八坂神社のご祭神は、かの有名な「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」で、一緒に、その妻の「櫛稲田姫命(クシナダヒメ)」と子の「八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)」が祀られています。

神社の下には龍が棲む池がある!?

素戔嗚尊は出雲国で八つの頭を持つ大蛇を退治して、櫛稲田姫命と結婚したと言われていますが、この二人が祀られている八坂神社の本殿の下には大きな池があり、その池には龍が棲んでいるという伝説があります。

京都には風水と方位を司る「四神の信仰」があり、北は玄武(亀に蛇が巻き付いた神獣)、東は青龍、南は朱雀、西は白虎の4匹の神獣が都を護っているとされていて、八坂神社は平安京の東、すなわち、青龍に護られた地に建立された神社なのです。本殿の下にあるとされている池は「龍穴(りゅうけつ)」と言って、大地の気が集まる場所とされています。更にその「龍穴」は竜宮城に繋がっているという伝説まである、ミステリアスな神社なのです。

女性に人気が高い、その理由は?

八坂神社は縁結びのご利益があるとして人気がありますが、その理由は福の神の“大黒様”を祀る「大国主社(おおくにぬししゃ)」が境内にあるからかもしれません。大黒様、つまり、大国主命(オオクニヌシノミコト)は出雲大社のご祭神ですが、出会いを司る神様でもあります。その大国主命の縁結びパワーにあやかろうとたくさんの若い女性やカップルが参拝に来るのです。

yasaka_jinjya 06

女性と言えば、境内にある「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」が、女性に人気があります。この社にはその名称の通り、美を象徴する三女神が祀られていて、お参りすると、身も心も美しくなると言い伝えられています。また、社の前に“美容水”という神水が湧きだしていて、この水を肌につけると、肌のみならず、心も美しく磨かれるとも言われています。一般の女性のみならず、祇園の芸者さんや舞妓さん、さらには美容や化粧品といった、美に関係する仕事をしている人たちも、そのご利益にあやかりたいとお参りに来るそうですよ。

yasaka_jinjya 05

八坂神社にはたくさんの摂社・末社がある

八坂神社にはこれらの他にも、商売繁盛の神様を祀る「蛭子社(えびすしゃ)」や芸や習い事の向上にご利益のあるとされる「太田社」、開運をもたらすとされる「刃物社」などがあります。このように、一つの境内に、いろいろな小社があることも、八坂神社が人気のある理由のひとつかも知れませんね。

平安の世から、京都の町を見守ってきた八坂神社。祇園祭が終わり、境内に静けさが戻ってきた頃、神々のパワーを授かりに、訪れてみてはいかがでしょうか。

八坂神社:京都市東山区祇園町北側625 TEL : 075-561-6155 

(写真・画像等の無断使用は禁じます。)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA