「ぶぶ漬けでもどうどす?」~言葉に隠された京の本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

京都人の気質を語るとき、用いられる逸話のひとつに「ぶぶ漬け」があります。“ぶぶ漬け”と聞くと「何の漬け物?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、漬け物ではありません。“ぶぶ”とは「お茶」のこと。つまり“ぶぶ漬け”は「お茶漬け」のことなのです。

bubuzuke 01

京都では、お客さんが帰り際に「では、そろそろ失礼します」と言うと、「ぶぶ漬けでもどうどす?」と家人がお客さんに声を掛けることがあります。それを聞いて、その言葉通りに「では、いただきます」なんて返事をすると、「図々しいヤツだ」と思われて、途端にその場の雰囲気が悪くなってしまいます。実はこの「ぶぶ漬けでもどうどす?」には、遠回しに“お帰りください”という意味があって、言われたお客さんは笑顔で「いやいや、もうこの辺りで…」と言って帰るのが礼儀だとされているのです。でも、本当にこんないけずな意味で使われる言葉なのでしょうか…。今回は京都の「お茶漬け」の話をしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「ぶぶ漬けでもどうどす?」は単なるネタ話ではない!

京都における“お茶漬け”のエピソードは、上方落語のネタ『京の茶漬け』や、江戸時代の小咄(こばなし)にも出てきますので、京都や関西以外でもよく知られています。でも、このエピソードのお陰で京都人は皮肉でえげつないと思われているところがあるようです。

bubuzuke 04

「ぶぶ漬けでもどうどす?」が持つ意味合いはともかく、実際にこのようなやり取りが日常的にあるかというと、現在では、このようなやり取りが見られることはほとんどありません。ただ、江戸から明治にかけては実際に日常的に行われていたそうです。ですから、“ぶぶ漬け”の話は単に京都人の気質を揶揄するだけのネタ話ではないことは確かなのです。

bubuzuke 02

“お茶漬け”の意味は?

でも、どうして“お茶漬け”なのでしょうか。これはあくまでも推測の域に過ぎませんが、食材に拘り、手間暇かけて作られる京料理を最大のおもてなしとするならば、お茶漬けは安易で簡単に作ることが出来る料理の代表であって、お茶漬けを出すということは、言うならば“おもてなししない”ということになり、それが“はよ帰ってんか”といった意味につながったのではないでしょうか。

誤解されてしまった「ぶぶ漬けでもどうどす?」

このように「ぶぶ漬けでもどうどす?」は、お客さんに「そろそろお帰りください」という時に、京都人が使う言葉と思われているようですが、実はこれには大きな誤解があるのです。

「ぶぶ漬けでもどうどす?」が持つ本来の意味は“早く帰れ”ということではなく、実はこの言葉には“もう少し、あなたとお話ししたい”という意味が込められていて、そう思うほどに楽しい時間を一緒に過ごせたことに対する相手への親しみの情を表現した言葉なのです。つまり、それまでの和やかな雰囲気をかき消さないように余韻を持ってお別れするための言葉であって、お客さんに気持ちよくお帰り頂くための気遣いの言葉だということなのです。

bubuzuke 03

京都人の本音

「ぶぶ漬けでもどうどす?」は、誤解が誤解を生んで、いつの間にか、京都人のいけずなところや言葉とは裏腹の二面性を言い表す代名詞のようになってしまっていますが、本当はこの言葉には京都人独特の奥ゆかしさが隠されているのです。

因みに、一般的には「ぶぶ漬けでも…」と勧められても、食べてはいけないとされているわけですが、「ぶぶ漬けを食べない男には娘をやるな」という逆説的なことわざも京都にはあります。こんなことを言われると、いよいよお茶漬けを食べて良いのか悪いのか、迷ってしまいますが、これも千年の古都の奥深さということなのでしょうか…。京都ってホント、おもしろいところですね。

bubuzuke 05

(写真・画像等の無断使用は禁じます。)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ウール より:

    古典落語の中だけのフィクションであり、実際には存在しません。

    • cyber-e より:

      ウール様
      コメント、ありがとうございます。
      「京都のぶぶ漬け」はご存知の通り、京都人の気質を表すエピソードとして語られています。現在、使われるかどうかはわかりませんが、昔は実際に会話の中で使われ、それが上方落語のネタになったと言われています。だから、フィクションとは言い切れないと思いますが・・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA