京ことば ~本音と建前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

京都の街を歩いていると、街の雑踏に紛れて聞こえてくるのが、“京都弁”。物腰が柔らかく、おっとりとしたイントネーションの京都弁は、京都の街によく似合います。特に京都の女性に京都弁で話されると、不思議と気持ちがトロ~っと癒やされてしまいます。そう言えば、女子が使うとかわいい方言の1位は京都弁とか…。京都弁の持つ上品な雰囲気が男心をくすぐるのでしょう。今回はそんな京都弁のお話しをしましょう。

kyo_kotoba 05

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

京ことばの由来

京都弁は大阪弁とともに上方言葉として知られている、京都人が使う方言です。京都弁のことを京都人は「京ことば」と呼ぶのが一般的ですが、それは「京都弁」という言葉に地方色が色濃く感じられ、それを嫌って「京ことば」と言い換えられたようです。京都は1000年もの間、日本の中心として栄えた都だったので、京都人は京都を地方だとは思っていないのです。

「京ことば」は公家の間で使われていた「御所ことば」と、街で庶民が使う「町方ことば」のふたつの言葉が1200年もの長い年月の中で混ざり合いながら、少しづつ変化しながら、今に伝わったものです。現在、使われている「京ことば」は幕末から明治にかけて広まったものだと言われています。

京ことばの特徴

「京ことば」の特徴はいろいろありますが、母音を伸ばすということも特徴のひとつです。例えば、“手“ならば「て」ではなく「てぇー」。“目”ならば「め」ではなくて「めぇー」といったようにスパッと言い切らずに、少し余韻を残すような言い方をします。こういうところにおっとり感が感じられるわけですが、これには話す相手にソフトな印象を与える効果があります。

また、動物や物など、人以外に対しても尊敬語の「はる」を使うという特徴があります。例えば、「隣の犬が昼寝してはる」「この人形、笑ろてはる」となります。そして、物を呼ぶときによく聞かれるのが「お」と「さん」を名詞の前後につける言い方。例えば、「さん」、「さん」、「さん」、「揚げさん」などです。ちなみに、外来語には「お」と「さん」はつけません。だから、「おパスタさん」とは言わないのです。これらは「御所ことば」の名残なのかもしれませんが、「はる」や「お○○さん」を用いることで、上品で丁寧な印象を聞く側に与える効果があります。

もうひとつ、大きな特徴と言えば、直接的なものの言い方をしないということがあります。例えば、人の意見に対して反対する場合、「それは違う」ではなく、「それは違うのとちがいますやろか」とやんわりとした言い方になります。

kyo_kotoba 03

京ことばには表と裏がある

「京ことば」は話す相手を気づかった、優しい言葉なのですが、時には言った言葉とは裏腹な意味が含まれている場合があります。例えば、優しいイントネーションで「エラいお人どすな」と言われた時は言葉どおり、「偉い人ですね」ということで褒め言葉になりますが、キツいイントネーションで「エラいお人どすな」と言われれば、それは皮肉で言われたことになります。

ほかには、「おおきに」という言葉も表と裏の意味があります。「おおきに」とは「おおきにありがとう」を略した言葉で、そのままだと「たいへんありがとうございます」という意味の感謝の言葉なのですが、時には相手からの申し出を断るときに使うことがあります。例えば、舞妓さんに「今度、ご飯でも食べに行こか」と誘うと、まず、たいがい「おおきに、ありがとさんどす」と返事が返ってきます。そう答えられると誘いを受けてくれたと理解するのが普通ですが、実はお断りしますという意味なのです。そのまま言葉通り真に受けると、とんだ大恥をかくことになるので注意しましょう。

kyo_kotoba 04

京都人の暮らしの知恵

京都人は長い歴史において幾度も権力者が交代する中で、角は立てないけど、本音もチラリと見せる京都独自の会話術を培ってきました。「京ことば」には京都人の「本音と建前」を使い分ける暮らしの知恵が息づいているのです。

京都の街を訪れたときに、京都人の話す「京ことば」にちょっと耳を傾けてみると、また違った京都が味わえるかも知れませんよ。

(写真・画像等の無断使用は禁じます。)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA